水素水を自分で作ることはできるのか?

健康に良いと言われている水素水。もし自分で作る事ができるとしたら、作ってみたいと思いませんか?

老化が気になる、アンチエイジングをしたい、健康に気を使っていきたいなど水素水を取り入れたい理由は様々ですが、思っているよりも水素水の作り方は簡単です。

市販品の水素水を買ったりサーバーをレンタルするという方法もありますが、自分で水素水を作れば飲みたいタイミングで作ったばかりの水素水を飲むことができます。

自分で作ることで新鮮な水素水をいつでも手軽に手に入れることができ、これが自分で作る最大のメリットでもあります。それに水素水を自分で買ってきたりサーバーをレンタルするとなると、飲み続けようとすると結構な費用になります。

スーパーからたくさんの缶を買って帰ってくるのも重い作業になるので、高齢の人や女性の人の場合、このことがネックになって水道水を飲み続けることが出来なくなることも。

このように水素水を自分で作ることが出来るというのはメリットがたくさんあるんですね。


専用のスティックを使う

水素水の作り方は、とっても簡単

一番手軽で費用もかからないのが、水素水を作る専用のスティックを使うという方法。粉末を入れるものもありますが、このタイプの場合は粉末が無くなればまた新しく購入する必要があります。

でも専用のスティックというのは使い捨てではなく、繰り返し使うことができて、半年くらい同じスティックを使い続けることができます。

このスティックを使えば普通の水道から簡単に水素水を作る事ができるのです。例えばペットボトルの中に水道水を入れて、その中に専用のスティックを入れる。これだけで水素水が簡単に作れちゃいます。これはかなり経済的ですよね。

水素スティックは経済的でお得

水素水が入っているアルミ缶やパウチパックを一度開封すると、水素がどんどん抜けていってしまうのですが、スティックタイプならスティックが入っている限り水素が発生しているので、いつでも水素たっぷりの水を飲むことができるんです。

価格も安いもので1本2500円くらい、高くても5000円くらいなので、「取りあえず水素水を試してみたい」という方におすすめですよ。迷ったら水素水7.0ppmを使ってください。1ppmにも満たない製品が多い中、圧倒的な水素量を生成できるのが水素水7.0ppmです。コスパも上々ですよ。

水素水7.0ppm医療現場で支持されるプロ仕様の高水素濃度「aquela」
http://7ppm-suisosui.jp/

ドクター水素水
http://dr-suisosui.jp/

注意)いろいろ試してみて思うのですが新しい製品は、水素が発生しない、すぐにダメになるということが多い気がしています。上記2つは間違いないのでおすすめです。


自分で作った水素水は保存できるのか?

自分で水素水をまとめて作って冷凍保存をすることができれば、便利ですよね。冷えた水を飲むとすっきりとしますし、お風呂上りやスポーツ後に飲むのも最適です。

でも水素水を冷凍保存することはできるのでしょうか?

まず基本的に水素水も冷凍保存することは出来ます。水素が入っているといっても「水」ですからね。ただ問題になるのが、凍るまでに容器(ペットボトルなど)から水素が抜けていってしまいます。

つまり自分で水素水を作って冷凍保存をした場合、飲む時には水素が無くなってしまったただの水になっている可能性が高いです。これでは冷凍保存する意味はありませんよね。

「保存をする」ということは考えずに、飲む分だけ作るようにするのがベストです。


どんな容器に入れたらいいのか?

水素の発生源があるからペットボトルで十分

水素水を自分で作る場合、気になるのは水素水を入れる容器。一番手軽で簡単なのは「ペットボトル」です。密閉性も悪くないですし使い勝手も良いです。

水道水を直接入れることを考えても面倒ではありませんよね。ペットボトルを使うときのポイントとしては、密閉性を確認するということ。先ほどもお話したように水の中に解けている水素というのは、抜けやすくなっています。

同じペットボトルでも出来るだけ密閉性が高いものを選ぶことが大切なので、水素水を入れる前に密閉性をチェックしましょう。

このチェックの仕方は簡単です。中に何も入っていないペットボトルを水の中に入れて、力を入れてペットボトルに圧を加えてみてください。

もし密閉性が悪くペットボトルの蓋などに傷が付いている場合は、その部分から空気が抜けていくのが分かります。2リットルの大きなペットボトルはバスタブで確認をすることもできるので、手作りをした水素水を入れる前に確認をしておきましょう。